「うえのパンダ」と写真を撮ってさくらパンダの記念グッズを手に入れよう! パンダ来日40周年記念のARキャンペーンを松坂屋上野店が実施!

2012.10.23

この度、アララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介)は、松坂屋上野店で実施されている「パンダ来日40周年記念」のARキャンペーンでARAPPLIが採用されたことを発表致します。

アララ株式会社は、QRARを読み込むだけで画面上に3DCGのARコンテンツを表示できる、スマートフォン用アプリケーション・『ARAPPLI(アラプリ)』を開発・提供しております。

上野動物園は上野公園の一角に位置する東京都立の動物園で、正式名称は「東京都恩賜上野動物園」。開園は1882年と日本で最も長い歴史を持ちます。1972年に日本で最初のジャイアントパンダ「ランラン・カンカン」が来園してから、今年10月28日で40年になります。今でこそ有名なジャイアントパンダパンダですが、当時日本では存在そのものがあまり知られていませんでした。報道などで紹介された「ランラン・カンカン」の愛くるしいすがたがたちまち国民を虜にし、パンダブームが日本に湧き上がりました。

上野一の格式を誇る老舗デパート松坂屋上野店ではパンダ来日40周年を記念して、ARキャンペーンを実施しています。

左)AR説明看板、右)AR出現イメージ

——————————————————————————————-

【キャンペーン概要】

松坂屋上野店の店内や上野の町に設置されているパネルを探してARAPPLIからQRARを読み込むと、3DCGのパンダが出現します。「パンダ来日40周年記念」というロゴと共にARで出現したパンダと現実の風景を重ね合わせて写真を撮ることが出来ます。
撮影した画像を松坂屋上野店1階のさくらパンダグッズ売場でみせると「さくらパンダ」の記念品をもらうことが出来ます。
キャンペーン期間:2012年10月24日から10月30日まで

——————————————————————————————-

アララ株式会社では、独自に開発したスマートフォン向けAR アプリケーション『ARAPPLI(アラプリ)』の普及を促進し、ARを使った様々なサービスの展開を図ることで、“ARをもっと身近に!もっと生活の中にある!”そんな社会の実現を目指しています。

~「ARAPPLI(アラプリ)」について~

「ARAPPLI(アラプリ)」は、アララ株式会社が提供するさまざまなAR(拡張現実)を体験できるアプリケーションです。

 ■Facebook(日本語版)

http://www.facebook.com/arappli.jp

■Facebook(英語版)

http://www.facebook.com/arappli

■Twitter
https://twitter.com/ARAPPLI

※ARAPPLI(アラプリ)は、アララ株式会社の登録商標です。
※QRARはアララ株式会社の登録商標です。

PREV

BACK

NEXT

多数の実績を基に
お客様のご要望に合わせた
最適なソリューションを提案します

ARを使うメリット
  • ●化粧品の疑似体験ができる
  • ●移動が困難な大きい家電などのサイズをARで可視化できる
  • ●商品の魅力をより詳細に伝えることが可能
  • ●オンラインからオフライン、オフラインからオンラインに誘導が可能(O2O)
  • ●商品にデジタルの付加価値をつけられる
  • ●デジタルと親和性の高いアーティストなどのプロモーションに有効