【ARAPPLI採用】キールズチャリティーキャンペーンAR

2016.01.28
報道関係各位                                                           
2016年1月28日
アララ株式会社

スマホからバーチャル植樹を体験!
コスメブランド「キールズ」のチャリティーキャンペーンに
ARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用

 

AR技術をベースにスマートフォン事業を手掛けるアララ株式会社(レピカグループ 本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介 以下、アララ)は、キールズが1月29日(金)から3月31日(木)まで実施する「キールズ チャリティー SAKURA1000」キャンペーンにアララが提供するARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用されたことを発表いたします。
 
「地域社会に貢献する」という使命のもと、キールズ・ジャパンでは2011年6月より東日本大震災の長期的な復興支援を行っており、今回、東北の桜の植樹・育成サポートを支援する「キールズ チャリティー SAKURA1000」キャンペーンを実施するに至りました。
 
お客様に本キャンペーンによる寄付金の使い道を分かりやすく提示すること、またチャリティーに参加したという実感をもっていただく仕掛けとして、ARを活用した「バーチャル植樹」を採用いただいております。キャンペーンの対象となる「キールズ クリーム UFC」、新製品「キールズ モイスチュアバーム UFB」の期間限定ラベルにARアプリ「ARAPPLI」を起動したスマートフォンをかざすと、キールズのロゴの付いた3DCGのリアカーに乗った苗木が現れます。苗木をタップすると、バーチャルで植樹を体験することができ、写真を撮ることもできます。
 
「ありがとう苗木」が出現したら、製品をプレゼント!
本キャンペーンでは、チャリティーへ参加いただいた方への感謝として、3DCGで登場する苗木の中にランダムでプレゼント製品がついている「ありがとう苗木」が出現。「ありがとう苗木」がでたら、写真を撮影し必要な事項をメールで送ると実際の製品がプレゼントされます。なお、1/29(金)の全国発売から2月1日までの4日間は、「ありがとう苗木」の出現率がアップします。(プレゼントはご購入いただいた方に限ります)
 
【「バーチャル植樹」ARの楽しみ方】
① 「App Store」か「Google Play」から無料アプリ「ARAPPLI(アラプリ)」
をダウンロード
② 「ARAPPLI」を起動し、対象商品のパッケージに描かれた桜のイラスト
にスマートフォンをかざす
③ スキャンが成功すると、コンテンツ再生が始まる
※植えた苗木と写真を撮ることも可能です

【アプリ概要】
【価格】    :無料
【対応機種】 :iOS端末(iOS7以上)、Android端末
(Android4.0以上)※タブレット未対応
【App Store】
https://itunes.apple.com/jp/app/arappli-ar-kuo-zhang-xian/id408164307?mt=8
【Google Play】
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.arara.arappli&hl=ja
【公式サイト】 :http://www.arappli.com/


【キャンペーン概要】

期間 :
概要 :

対象商品 : 

URL :

 

2016年1月29日(金)~3月31日(木)
<商品購入による寄付>
対象商品の売上げ1点につき、100円が「NPO法人 さくら並木ネットワーク」を通じて、
東北の桜の育成費用として活用されます。
<「バーチャル植樹」AR>
対象商品のパッケージにARアプリ「ARAPPLI」を起動したスマートフォンをかざすと、
バーチャル植樹を体験できるオリジナルコンテンツが出現します。
「キールズ クリーム UFC(限定パッケージ)」(数量限定ジャンボサイズ・通常サイズ)、
「キールズ モイスチャーバーム UFB(限定パッケージ)」
http://www.kiehls.jp/brand/sakura1000/


【キールズについて】
キールズは、今から160年以上前にニューヨークでアポセカリー(調剤薬局)として創業し、ハーブや科学の知識を基に天然由来成分を配合した、スキンケア、ボディケア、ヘアケア製品をお客様に提供し続けています。

 

PREV

BACK

NEXT

多数の実績を基に
お客様のご要望に合わせた
最適なソリューションを提案します

ARを使うメリット
  • ●化粧品の疑似体験ができる
  • ●移動が困難な大きい家電などのサイズをARで可視化できる
  • ●商品の魅力をより詳細に伝えることが可能
  • ●オンラインからオフライン、オフラインからオンラインに誘導が可能(O2O)
  • ●商品にデジタルの付加価値をつけられる
  • ●デジタルと親和性の高いアーティストなどのプロモーションに有効