faqよくあるご質問

QARAPPLIは国外でも使えますか?

A

安定したネットワーク環境(4GやLTE、安定したWi-fi通信)であれば、国外でもARAPPLIを問題なくご利用いただける可能性は高いですが、サポート対象外とさせていただいております。
予めご了承ください。

Qうまくマーカーを読み込めない場合

A

読み込むマーカーがカメラ画面いっぱいになるように写していただき、1〜2秒ほどそのまま静止していただけると読みやすくなります。

うまく表示されない場合、以下の原因が考えられます。
ご確認のうえ、再度お試しください。

・ ARはARマーカーが画面に入っていないと写し出されません。
・ARマーカーとスマートフォンの角度によってARが表示しにくい場合があります。
・ARマーカー部分が暗すぎたり、明るすぎるとARが表示しにくい場合があります。
・ARマーカーに光が反射していたり、影がかぶっていたりすると上手く表示されません。
・背景に黒色が多すぎるとARが上手く表示できないことがあります。
・ARを表示させる際に少し揺れることがありますがスマートフォンを固定するように持つことで軽減されます。
・上手く表示できない場合は一度画面からARマーカーを外して、再度画面に収め直すと上手く表示できる場合があります。

QARAPPLIの対応機種をおしえてください

A

●iPhone
対応OS:iOS11以降(iPhone6以降を推奨)

●Android
対応OS:Android 6以降

上記OSの端末であっても、OSのアップデートや端末の特別な設定等により、動作しなくなる場合がございますのでご注意ください。
非推奨OSにつきましても動作する場合もございますが、動作の確認が行えていないため推奨しておりません。
スキャン機能はご利用の環境によっては正しく認識されない場合がございます。
※ タブレット端末動作保障外です。
※お客様のスマートフォンでの他のアプリの利用状況、メモリーの使用状況等によりアプリが正常に作動しない場合がございます。

マーカーが読み取れない・読み取りにくい場合について

ARはARマーカーが画面に入っていないと写し出されません。
ARマーカーとスマートフォンの角度によってARが表示しにくい場合があります。
ARマーカー部分が暗すぎたり、明るすぎるとARが表示しにくい場合があります。
ARマーカーに光が反射していたり、影がかぶっていたりすると上手く表示されません。
スマートフォンをなるべく揺らさず固定するように持つことで読み取りやすくなります。

QARAPPLIは国外でも使えますか?

A

安定したネットワーク環境(4GやLTE、安定したWi-fi通信)であれば、国外でもARAPPLIを問題なくご利用いただける可能性は高いですが、サポート対象外とさせていただいております。
予めご了承ください。

Q肖像権の問題で、作ったコンテンツは保存できないようにしたいんだけど出来ますか?

A

はい。出来ます。保存の有無は選択できますし、アプリ内撮影機能のオンオフもご選択出来ます。
コンテンツを期間限定配信にすることも可能ですので状況をご相談下さい。

Qコンテンツは自社で作成したいのですが、、、、

A

3DCGや2Dのコンテンツを作成頂くことは問題ございません。
頂いたデータをARとして搭載致します。
※その場合、制作費は頂きません。

QARAPPLIの対応機種をおしえてください

A

●iPhone
対応OS:iOS11以降(iPhone6以降を推奨)

●Android
対応OS:Android 6以降

上記OSの端末であっても、OSのアップデートや端末の特別な設定等により、動作しなくなる場合がございますのでご注意ください。
非推奨OSにつきましても動作する場合もございますが、動作の確認が行えていないため推奨しておりません。
スキャン機能はご利用の環境によっては正しく認識されない場合がございます。
※ タブレット端末動作保障外です。
※お客様のスマートフォンでの他のアプリの利用状況、メモリーの使用状況等によりアプリが正常に作動しない場合がございます。

マーカーが読み取れない・読み取りにくい場合について

ARはARマーカーが画面に入っていないと写し出されません。
ARマーカーとスマートフォンの角度によってARが表示しにくい場合があります。
ARマーカー部分が暗すぎたり、明るすぎるとARが表示しにくい場合があります。
ARマーカーに光が反射していたり、影がかぶっていたりすると上手く表示されません。
スマートフォンをなるべく揺らさず固定するように持つことで読み取りやすくなります。

多数の実績を基に
お客様のご要望に合わせた
最適なソリューションを提案します

ARを使うメリット
  • ●化粧品の疑似体験ができる
  • ●移動が困難な大きい家電などのサイズをARで可視化できる
  • ●商品の魅力をより詳細に伝えることが可能
  • ●オンラインからオフライン、オフラインからオンラインに誘導が可能(O2O)
  • ●商品にデジタルの付加価値をつけられる
  • ●デジタルと親和性の高いアーティストなどのプロモーションに有効