佐合井マリ子さんのニューシングル『想いはどこへ行くだろう』にて『ARAPPLI(アラプリ)』が採用。

2011.04.20

2011年4月20日
アララ株式会社

4月20日、アララ株式会社(東京都港区・代表取締役社長 岩井陽介)が開発したスマートフォン向けARアプリケーション『ARAPPLI(アラプリ)』を活用したARコンテンツが佐合井マリ子さんのニューシングル『想いはどこへ行くだろう』の特典コンテンツとして採用されました。

佐合井マリ子さんは滋賀県出身で関西を中心に全国で活動するシンガーソングライターです。特典コンテンツは、CDジャケット裏面に掲載されるQRARマークを、『アラプリ』が起動した状態のスマートフォンでかざすことで、佐合井マリ子さん自身がARとなって出現する、スペシャルなコンテンツです。

ARの中では、佐合井マリ子さんがファンへのメッセージと共に新曲の紹介をします。メッセージを聞くだけではなく、語りかけている様子や表情も分かり、ファンには必見の内容です。新曲への想いが伝わるARは、アプリ内の「コレクション」に保存ができるので、好きな時に好きな場所で、いつでも出現させることができ、ファンにとってコレクション性の高いコンテンツといえます。

アラプリは、昨今話題となっている最先端技術AR(Augmented Reality/拡張現実)を活用したスマートフォンアプリです。 スマートフォンユーザーは、このアラプリをダウンロード後、独自に発行されたQRARマークをスマートフォンでかざすだけで様々なARコンテンツを楽しむことができます。

アララでは、AR技術の専門分野、3DCG(3次元コンピュータグラフィックス)の表現力やコミュニケーション企画力の専門分野など、それぞれの得意分野とするコンソーシアムメンバーにてARアプリケーション「ARAPPLI」を開発していくことで、今後ARを活用したさまざまなサービスを実現していく企業を目指してまいります。

佐合井マリ子さんとは
2005年4月にシンガーソングライターとしてデビュー。滋賀県出身で滋賀や大阪のレギュラーの他、関西を中心として全国で活動を行っています。通算5枚目となる新曲『想いはどこへ行くだろう』が4月20日に発売され、他にもドラマ出演や表紙モデルなど活動を広げています。現在展開されている震災応援ARでは楽曲を無償提供していただきました。

『想いはどこへ行くだろう』
DDCE-3013 税込¥1,050

掌に乗せて撮影
(佐合井さん自身)

PREV

BACK

NEXT

多数の実績を基に
お客様のご要望に合わせた
最適なソリューションを提案します

ARを使うメリット
  • ●化粧品の疑似体験ができる
  • ●移動が困難な大きい家電などのサイズをARで可視化できる
  • ●商品の魅力をより詳細に伝えることが可能
  • ●オンラインからオフライン、オフラインからオンラインに誘導が可能(O2O)
  • ●商品にデジタルの付加価値をつけられる
  • ●デジタルと親和性の高いアーティストなどのプロモーションに有効