【ARAPPLIアップデート】国内ARアプリで初の物体認識機能を搭載!

2015.03.27
報道関係各位
   2015年3月27日
アララ株式会社

国内ARプラットフォームアプリで初の導入!
『ARAPPLI(アラプリ)』に物体を認識しコンテンツを出現させる機能を搭載!

AR技術をベースにスマートフォン事業を手掛けるアララ株式会社(レピカグループ 本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介 以下アララ)は、Qualcomm Technologies, Inc. (本社:米国カリフォルニア州)の子会社であるQualcomm Connected Experiences, Inc.が2月26日より提供を開始した立体認識を実現できるARエンジンの最新版「Qualcomm® Vuforia™ Mobile Vision Platform」をアララが独自開発したARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」に実装したメジャーアップデート版を4月にリリースいたします。

「ARAPPLI」は、メジャーアップデート第一弾として、3月にインタラクティブ機能および動画撮影機能を実装しており、今回の立体認識はメジャーアップデート第二弾となります。これにより、平面画像にとどまらず、お菓子やフィギュアなどあらゆる立体物を認識し、ARコンテンツを表示させることが可能となります。

立体物から表出される動きのあるコンテンツの面白さをいつでも楽しめ、共有できるものにしています。また、ARに初めて触れるエンドユーザーさまでも簡単にご利用頂けるよう、速度・精度・安定性にもこだわっています。

 
<左:対象となる立体を登録している図> <右:立体を認識しコンテンツを出現させている図>
360度どこからでも認識が可能に
立体認識は、画像認識に比べ、光の当たり具合や読み取り角度などに左右されることから、複雑で難しい技術とされていました。「Qualcomm® Vuforia™ Mobile Vision Platform」の搭載により、対象物を360度どこからでも認識し、読取り角度に応じたコンテンツの表示を実現しています。

CGをタップすると動き出す!インタラクティブ機能の搭載
インタラクティブ機能は、読取り後に表示されるCGに様々な動きを付加できる仕組みで、ユーザーがタップした箇所に応じて異なるコンテンツを表示させることができます。これまで以上にARでの驚きを体験いただけます。例えば、本のCGをタップすると本が開いて料理のレシピを読むことが出来たり、クイズ形式のコンテンツではユーザーに「〇」「×」の回答をタップさせ、正解するとキャンペーンサイトに誘導したり、利用の幅が広がります。アイデア次第で自社の商品に付加価値を付けより驚きの体験と共に魅せることができます。

■動画撮影機能で驚きの体験を拡散
株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔 以下カヤック)が提供する国内初のゲーム実況録画SDK(※)「Lobi REC SDK」(「Lobi REC SDK for iOS」: Unity、Cocos2d、Cocos2d-x対応、「Lobi REC SDK for Android」: Unity、Cocos2d-x対応)を利用し、従来の「ARAPPLI」で実装していたカメラ機能に加え、動画撮影機能を搭載。写真だけでは表現しきれなかったコンテンツの一連の動きや音を録画することが可能になりました。保存機能で、コンテンツの立体感や前後左右に移動する動きを見たい時にいつでも再生することができます。また、SNSへの連携機能も搭載しているので、動画撮影画面上からボタン1つで簡単に投稿できます。
「Lobi REC SDK」ダウンロードサイト:http://developer.lobi.co/
※ SDK…プログラミング言語やAPI等のテクノロジーを利用してソフトウェアを開発する際に必要なツールのセット。 

PREV

BACK

NEXT

多数の実績を基に
お客様のご要望に合わせた
最適なソリューションを提案します

ARを使うメリット
  • ●化粧品の疑似体験ができる
  • ●移動が困難な大きい家電などのサイズをARで可視化できる
  • ●商品の魅力をより詳細に伝えることが可能
  • ●オンラインからオフライン、オフラインからオンラインに誘導が可能(O2O)
  • ●商品にデジタルの付加価値をつけられる
  • ●デジタルと親和性の高いアーティストなどのプロモーションに有効