【ARAPPLI採用】角川文庫「カドフェス 2015」動くブックカバーが登場!

2015.06.29
報道関係各位
         2015年6月29日
アララ株式会社

角川文庫の夏のフェア「カドフェス 2015」にARアプリ「ARAPPLI」が採用!
細田守監督待望の最新作、映画「バケモノの子」とのスペシャルコラボも決定!

 

AR技術をベースにスマートフォン事業を手掛けるアララ株式会社(レピカグループ 本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介 以下アララ)は、株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表:松原眞樹 以下、KADOKAWA)が2015年6月20日(土)より全国書店にて順次開催する角川文庫のキャンペーン「カドフェス2015」にARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用されたことを発表いたします。
 
角川文庫は、6月20日から、恒例となっている夏のフェア「カドフェス 2015」を全国の書店にて順次開催します。今年の「カドフェス2015」は、いまや世界で最も注目を集めるアニメーション映画監督の細田守が手がける7月11日公開の最新映画「バケモノの子」(スタジオ地図作品)とのスペシャルコラボレーションです。「カドフェス2015」では、豪華3大プレゼントキャンペーンを実施。フェア対象本を1冊購入すると、その場で「バケモノの子」「艦隊これくしょん‐艦これ‐」を含む6種類のデザインうちから1つブックカバーがプレゼントされます。
 
今回このブックカバーに「ARAPPLI」が採用されました。このブックカバーに「ARAPPLI」を起動したスマートフォンをかざすと、角川文庫の公式キャラクター「ハッケンくん」が登場し、動き出します!
 
【角川文庫 ハッケンくんAR の楽しみ方】
①「App Store」か「Google Play」から無料アプリ「ARAPPLI」
をダウンロードします。
②「ARAPPLI」を起動し、ブックカバーにスマホをかざします。
③スキャンが成功すると3DCGのハッケンくんが出現します。
(コンテンツは全部で6種類)
④アニメーションを楽しむだけでなくハッケンくんと一緒に写真を
とることもできます。 ⑤ダウンロードした「ハッケンくん」ARコ
ンテンツは、アプリ内のコレクションからも見ることができます。

※右記は、ARコンテンツ出現イメージ
 

    

■「カドフェス2015」 ブックカバープレゼント概要
期間       :2015年6月20日より随時
対象店舗:全国のカドフェス展開中の書店(店舗によっては取扱いの無い場合がございます)
 
「カドフェス 2015」特設サイト:http://www.kadokawa.co.jp/hakken/kadofes/summer/

フェア対象本を1冊買うとその場でもらえるブックカバーは、「バケモノの子」「艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 」を含め6種類! 無料ARアプリ「ARAPPLI」をダウンロードし起動、スマホをブックカバーにかざすと、ハッケンくんが動きます。「カドフェス 2015」の目玉キャンペーンです。
 

 

■関連URL
●映画「バケモノの子」公式サイト
http://www.bakemono-no-ko.jp
●カドフェス2015 特設サイト
http://www.kadokawa.co.jp/hakken/kadofes/summer/
●「バケモノの子」原作・関連書籍公式サイト
http://www.kadokawa.co.jp/sp/bakemono-no-ko/
●発見!ひろばby 角川文庫
http://bookwalker.jp/ex/sp/hiroba/

※©表記と注釈
©2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS
©2015 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 / KADOKAWA All Rights Reserved.
※かまわぬのスペシャルコラボブックカバーは、㈱かまわぬのてぬぐい柄を使用しています。
※「カドフェス2015」の対象書籍は、カドフェス帯の付いた角川文庫が対象になります。店舗によっては取り扱いのない場合もございます。プレゼントはなくなり次第、終了いたします。また、デザインは変更になる場合がございます。
※今回画像で使用しているAR(動くブックカバー)の画像はイメージです。
※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

PREV

BACK

NEXT

多数の実績を基に
お客様のご要望に合わせた
最適なソリューションを提案します

ARを使うメリット
  • ●化粧品の疑似体験ができる
  • ●移動が困難な大きい家電などのサイズをARで可視化できる
  • ●商品の魅力をより詳細に伝えることが可能
  • ●オンラインからオフライン、オフラインからオンラインに誘導が可能(O2O)
  • ●商品にデジタルの付加価値をつけられる
  • ●デジタルと親和性の高いアーティストなどのプロモーションに有効