ARでカラーコンタクトに似合うメイクを疑似体験 アララ、DataCurrent、PIAの3社、Instagramでソーシャルプロモーションを実施


ARサービスを提供するアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介)、データ活用推進に特化したサービスを展開する株式会社DataCurrent(本社:東京都中央区、代表取締役:中哲成、以下DataCurrent)、カラーコンタクトレンズの販売をおこなうPIA株式会社(本社:東京都品川区、代表者:中西 聖、以下PIA)の3社は、InstagramのARカメラエフェクト機能「SparkAR」を活用し、カラーコンタクトレンズブランド「MOLAK(モラク)」のカラーコンタクト装着時に似合うメイクを疑似体験できるソーシャルプロモーションを開始したことをお知らせいたします。

「MOLAK(モラク)」は、アイドルグループIZ*ONEの宮脇咲良さんがイメージモデルを務める新カラーコンタクトレンズブランドです。本プロモーションでは、InstagramのARカメラエフェクトを活用し、カラーコンタクト「MOLAK」の装着イメージ、また装着したカラーコンタクトのコンセプトにあったメイクを疑似体験していただくことができます。お試しいただけるメイクは2種類。「Sakura Petal」のレンズ着用時に似合う「ピンクメイク」と「Mirror Gray」のレンズ着用時に似合う「パールメイク」となります。どちらも「MOLAK」のコンタクトを着用した瞳の印象を引き立てるメイクとなっています。

 

■メイク体験方法
ランディングページ、またはInstagramの「PIA official Instagram(@pia_contact)」よりお楽しみいただけます。

<Instagramから>
「PIA official Instagram」ページを開き、写真上にある「顔マークアイコン」をタップ。 表
示される画像をタップすると、メイクをお試しいただけます。