【お菓子メーカー】株式会社ブルボン 立体POP ARキャンペーン

買って欲しい商品の前でお客様の足を止める秘策!?
~動く、飛び出す立体POPで視線をくぎづけ~【お菓子メーカー】

アララが提供するARソリューション「ARAPPLI(アラプリ)」が、菓子・デザート・飲料の製造販売を手がける株式会社ブルボンさまの「2014年ハッピーギフトキャンペーン」に採用されました。

本キャンペーンは、2014年12月より西日本エリア限定で900店舗以上のスーパーや百貨店などを対象に実施されました。対象期間中に対象商品を購入し応募すると、抽選でオリジナルお菓子セットが当たる内容となっています。

このキャンペーンの拡散を狙い、ブルボンでは、商品陳列棚の上部に立体POPを設置。この立体POPにARアプリ「ARAPPLI」を起動したスマートフォンをかざすと、POPの絵柄が動きだし、キャンペーンを盛り上げました。

離れたところからでも目にとまる大きさの立体POPを利用することで、商品の購買対象となるお客様の注意をひき、商品棚の前に誘導します。そして、立体POPにスマートフォンをかざすことで、ブルボンのお菓子の世界観を表したオリジナルコンテンツを楽しんでいただきます。この、ただの立体POPにとどまらない、面白みのある仕掛けが話題となりました。

立体POPを進化させ話題を呼ぶキャンペーンにしたい!ご担当者さまの想いを実現

本キャンペーンのきっかけは、「キャンペーンの際に店頭に飾っている『飛び出す立体のPOP』が動きだしたら絶対面白いし、話題を呼びますよね!」という、ご担当者さまの一言。
当初、ご担当者さまは、「今以上にお客様の目をひく面白みのある仕掛け作り」に頭を抱えていらっしゃいました。そこで、今回のキャンペーンでは、ARの技術を使い、すでに活用していた立体POPにプラスアルファの仕掛けを実現させました。短期間でクオリティの高いコンテンツを安価に採用できたことは、ご担当者さまからも高く評価していただきました。


​​​​​​​


短時間にリーゾナブルに!立体POPの認識を可能にしたARアプリ「ARAPPLI」

これまでの汎用アプリ「ARAPPLI」では、立体POPからARコンテンツを表示する事が難しく、専用のアプリを制作しなければいけませんでした。そのためには、約2・3ヶ月の時間とCG制作費用に加えアプリ開発の費用がかかります。

しかし、今回のキャンペーンを行うにあたり、「ARAPPLI」にアレンジを加えることで、凹凸のある画像にも対応しました。つまり、アララの提供する「ARAPPLI(アラプリ)」を利用していただく事で、この「時間」と「コスト」を大幅に縮めることが可能になりました。

当社では、プランニングから実施後のサポートまでワンストップでサービスを提供しています。納期が限られている場合や、これまで前例がない内容でも、お客様のご要望にあわせて、最適なソリューションのご提案をお約束します。

2014年ハッピーギフトキャンペーン概要

応募期間:キャンペーン開始日~12月30日
概要 :キャンペーン期間中、対象商品を買って専用ハガキで応募すると、抽選で2015年ブルボン初生産のお菓子が当たります。

店舗でのAR施策詳細

実施期間:西日本エリアのスーパーマーケットや百貨店(900店舗以上)
実施店舗:【トリガー】立体POP、平面ボード、ハガキ
ARについて:【出現コンテンツ】2Dアニメーション動画