【イベント・展示会】トランスフォーマー博でAR採用

秘密のマーカーを探し出して限定コンテンツをGET!
来場者に展示会を楽しく回遊させるための「スタンプラリー」AR施策【イベント・展示会】

2014年8月9日(土)~17日(日)の2週間、神奈川県にあるパシフィコ横浜にて、「トランスフォーマー博TRANSFORMERS EXPO」が開催されました。その中のAR施策にアララが提供するARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用されました。

transformerAR

トランスフォーマー生誕30周年と映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」の公開を記念した 本イベントでは、2つのARを用いた施策が展開されました。

1つ目は、スマートフォン越しに人気キャラクターオプティマスプライムの3DCGを出現させ、トレーラーに変形する動きを楽しんでいただくというもの。

2つ目は、会場内に隠されたマーカーをスキャンすると、豪華賞品が抽選で当たる「スタンプラリーAR」。スタンプラリー形式を取り入れることで、来場者に宝探しのような楽しみを提供すると同時に、会場内を隈なく回遊してもらうきっかけという一面も担っています。

AR施策1:変形シーンをスマホで体感!

会場内に、人気キャラクター「オプティマスプライム」の3DCGを出現させるマーカーを設置。ARアプリ「ARAPPLI」を起動したスマートフォンをこのマーカーにかざすと、スマートフォン越しに映画の見どころであるトランスフォーマーキャラクターの「変形」シーンを閲覧いただけるだけでなく、変形を遂げた3DCGオプティマスプライムと一緒に写真撮影ができる点も大きなポイント。

来場者の中には、オプティマスプライムとお子様とのツーショット写真を撮ったり、撮影した写真をSNSにシェアしたりする姿が多く見られました。会場の楽しさを共有したいという来場者の想いが、バイラル効果をうみ、イベントの来場者を促しました。

AR施策2:展示会を盛り上げる「体験型」スタンプラリー

もうひとつのAR施策であるスタンプラリーでは、来場者に会場に設置したマーカーを探してもらうことで、ブースを楽しくまわっていただく要素を含んでいます。

来場者はARアプリ「ARAPPLI」を起動し、5つのマーカーを集めていきます。それぞれのマーカーからは異なるキャラクターが出現するので、マーカーにスマートフォンをかざすたびに楽しんでいただける上、コンプリートすると抽選で豪華商品がもらえる応募ページへ遷移する仕組みとなっています。

会場内は、友人同士、また家族で訪れた来場者たちが、協力しながら隠されたマーカーを探す姿が多く見受けられました。アララでは、ARアプリ「ARAPPLI」を用いたデジタル施策として、キャラクターの活用に積極的に取り組み、キャラクターを用いたさまざまなプロモーションが効果的なものになるよう、お手伝いしていきます。

トランスフォーマー博 TRANSFORMERS EXPOについて

玩具・アニメーションが誕生してから30年という節目と待望の映画最新作『トランスフォーマー/ロストエイジ』の公開を記念して、日本初、世界最大級の空間体験イベントが開催されました。

会場では、過去最大規模の玩具・アニメーションの展示に加え、映画の名シーンを巨大ジオラマで空間再現し、人気キャラクターであるオプティマスプライム、バンブルビーの巨大立像や車両などの展示、また話題の3Dプロジェクションマッピングなど見どころ満載の展示となりました。

©TOMY
© 2014 Paramount Pictures Corporation. Manufactured under license from TOMY Company, Ltd. ® and/or TM & © 2014 TOMY. All Rights Reserved. TM & ® denote Japan Trademarks. For distribute in Japan only.
「トランスフォーマー」、「TRANSFORMERS」は株式会社タカラトミーの登録商標です。