【商品パッケージAR】「おっとっと」x「学研の図鑑LIVE」コラボパッケージ事例。ARで深海生物や恐竜が出現!

2019.10.08

森永製菓株式会社が2019年2月下旬より期間限定で販売しているスナック菓子「おっとっと」シリーズのうち、株式会社学研プラスが出版する「学研の図鑑LIVE」とタイアップした「おっとっと<うすしお味>」深海生物を探そう!と「ベジタブルおっとっと<コンソメ味>」恐竜に会えるかも!?の商品パッケージにアララが提供するARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用されました。
 
「おっとっと」のコラボレーションパッケージ内側のARマーカーをかざすと「深海生物」や「恐竜」の3DCGを楽しめます。

■ARで付加価値を提供 今回の「おっとっと」コラボレーションパッケージでは3DCGの生き物や動画をARで楽しめる「学研の図鑑 LIVE」シリーズの中から、人気の「深海生物」と「恐竜」にフォーカス。「おっとっと<うすしお味>」では「深海生物」、「ベジタブルおっとっと<コンソメ味>」では「恐竜」の3DCGが出現します。それぞれ 4種類の生物をARで楽しめます。

今回のタイアップでは知育という「付加価値」をARでつけています。
3DCGで作成された生物はピンチイン・ピンチアウトでの拡大・縮小や、スマートフォンを斜めにすることで自由な角度から観察できます。 お菓子を通じてリアルな生物の動きや姿を遊びながら学べます。

PREV

BACK

NEXT

多数の実績を基に
お客様のご要望に合わせた
最適なソリューションを提案します

ARを使うメリット
  • ●化粧品の疑似体験ができる
  • ●移動が困難な大きい家電などのサイズをARで可視化できる
  • ●商品の魅力をより詳細に伝えることが可能
  • ●オンラインからオフライン、オフラインからオンラインに誘導が可能(O2O)
  • ●商品にデジタルの付加価値をつけられる
  • ●デジタルと親和性の高いアーティストなどのプロモーションに有効